• オランダという選択肢を

    もっと具体的にする近道

     

    今お考えのオランダ移住・起業の計画に

    現地のコンサルタントがプラスαをインプット

     

  • JN Connectのスカイプ相談

    これから調べ始める人も、ある程度具体化している人にも。

     

    オランダ移住や起業に関する情報は手軽にアクセスできるようになってきました。あえてコンサルティングフィーを払ってまで相談に応じてもらう必要性を感じない方も多いのではないでしょうか?

     

    確かに情報はあふれています。しかし、情報があってもなかなか前に進み出す決定打がないと感じられているのであれば、それは誰かに相談してみるタイミングに差し掛かっているのではないかと思います。なぜなら、一人だけ、あるいはご家族の中だけでも、外部からの視点が入らない状態で情報を集めていると次のような問題に直面してしまう可能性があるからです。

     

    見えない偏りという問題:インターネットで情報を集める時には人は自分が見たいと思っている情報を知らず知らず探していると言われることがあるため、注意をしていても視野が狭くなってしまう。

    方向性の問題:何かしらのゴールに向けて情報を集めていければそれが最短なのですが、方向性を欠いたまま情報を集めていると同じところをぐるぐると回ってしまったり、あるいはゴールと違う方向に進んでしまったりという事態が起こりうる。

    回避できた落とし穴の問題:将来的に困ったこととして顕在化する恐れがあるトラブルの芽が潜んでいることに気づかず、そのまま放置してしまう。

     

    JN Connectではこうした問題を回避するために、今あなたが考えていらっしゃることにプラスαをインプットしていく方式を取っていきます。

     

    プラスαのインプットとは、現状で見逃されている視点や認識に誤りがあるところの指摘誤解されているところの解きほぐし情報が足りていないところへの補足説明十分考えておいた方が良い問題・あまり深刻に捉えなくても良い問題の切り分けなどです。

     

    こうした視点からインプットを受けていただくと、一人で考えていらっしゃる時よりも皆さんのオランダ起業・移住のプランがより現実的になっていくメリットがあります。

  • JN Connectのご相談のメリット

    カバー範囲の広さ

    移民弁護士事務所等の専門機関に相談を持ちかける場合は自ずと相談内容が特定の分野に限られてしまいます。弊社では、移民関係の手続きから起業関係の件、生活関係の件など、幅広くワンストップでご対応できます。

    雑談レベルとは違う相談

    弊社ではご相談者の方のニーズや疑問点などを把握した上で個別に資料を作り、相談時にご提供しています。一定の時間だけ雑談をしてお金をいただく訳ではなく、念入りな準備を行なった上で意思決定に役立つ情報をご提供しています。

    日蘭条約の理解の深さ

    弊社の創業は2014年です。日蘭条約を巡る解釈が大きく動いた2年間(2014-2016年)を経験していることに加え、日蘭条約に関するオランダ国内のキーパーソンとも繋がりがあるため、日蘭条約について分かりやすいご説明が可能です。

  • 相談のご対応をするのは私です

    はじめまして。JN Connectの渡邉俊幸です。本サイトへのご訪問ありがとうございます。

     

    私は、オランダ移住や起業を考えている方のプランの中に何かしら問題や見落とした点、誤解などが隠れていないかすぐに見抜くことができます。なぜならこれまで対価を頂きながら130人を越える方々のご相談に応じてきたからです。

     

    こう書くと、声をかけて相談したが最後、嫌という程ダメ出しを連発されるように思われるかもしれません。しかし実態は違います。「ここが間違っている!」という風にお客様に接したことは今まで一度もありません。みなさんが考えるプランにじっくりと耳を傾けながら、「ひょっとしたらこの点もご検討の要素に加えられた方がいいですよ」とお伝えし、視野を広げるお手伝いをするのが私の役目です。

     

    さて、私との相談は有料とさせていただいています。無料や低額でご相談に応じていないのには理由があります。一言で言えば、1回あたりたった1時間から2時間程度のご相談とは言え、ご相談者の方の大切な将来がかかっているので準備を含めて真剣勝負だからです。事前にいただいた相談のテーマや渡航のご計画などをもとにご提供する情報を資料として作り込み、ご相談に臨んでいます。

     

    ご説明する内容もインターネットで調べればすぐに分かるようなことではなく、お客様の移民ケース支援を通じた経験や、オランダ関係の情報をきめ細かく集めてきた経験を踏まえて、ご判断に役立ててもらえる価値ある情報を惜しみなくご提供しています。


    私は、元々コンサルタントとして日本内外で調査やプロジェクトコーディネートの実績を長年積んでいますのでご相談の質についてはどうぞご安心ください。お客様の課題に対して適切な解をご提供していくこと、ポイントを押さえて分かりやすく説明をすることを得意としています。

     

    最近あった嬉しいことは相談を受けていただいた方から「早く渡邉さんにお会いしておくべきでした」「勉強になりました」「細かな不安が取り除かれた」「やらなければいけない事が明確になった」「気持ちが前向きになった」と言っていただけたことです。

     

    オランダ移住や起業をお考えの皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

    渡邉俊幸

    公的機関や一部上場企業、シンクタンク勤務等にて培った10年以上の調査経験やプロジェクト管理経験を生かし、2014年にオランダ・ロッテルダムにてJN Connectを創業。オランダやベルギーの法律事務所、政府機関、会計事務所などと連携体制を構築し、個人や法人顧客に対しコンサルティングやサポートを実施。ポイントを押さえた分かりやすい説明と問題解決に向けた提案力の高さに定評があり、法人・個人を問わずリピートで依頼していただけるお客様も多い。国際基督教大学教養学部、豪州クイーンズランド大学大学院卒。1977年、愛知県生まれ。​

  • ご相談までの流れ

    1

    いまのプラン案やお考えをフォームから送る

    まずは皆さんが考えていらっしゃるプランや現状などを本ページ下のフォームからお知らせください。文の完成度などはお気になさらずに、どんなことを考えていらっしゃるかや目的・背景など自由にご連絡ください。ニックネームやペンネームでのお問い合わせも歓迎です。

    2

    インプットの方向性を受け取る(無料)

    いただいたプランに返答する形で、「○○というポイントでインプットができます」という方向性をご連絡いたします(無料)。あくまで方向性であるため、具体的な情報提供ではありません。ご連絡の際にはスカイプ相談を行う場合のお見積もりもお付けします。ご提示した価格で相談を受ける価値がありそうだとご判断いただいた場合は3へお進みください。

    3

    日程調整やお支払いを進める

    スカイプ相談の実施に向けて日程調整やご請求先の確認(オランダの請求書のフォーマットに沿う形でご住所とご請求先をお聞きします。この段階より仮名でのご対応はできません)、スカイプ名の確認などを行なっていきます。また、ご相談当日までにPaypalを通じてお支払いの方もお願いしております。

    4

    実際にスカイプ相談を受ける

    相談の前に個別の資料(A4 2-3ページ程度)を作成し、相談開始の1時間程度前までにはメールにてお送りいたします。その資料にそって相談を実施いたします。なお、資料送付後のキャンセルによるご返金はございません。

  • スカイプ相談のご料金

    自力で情報を調べるには時間的なコストや手間がかかります。また、誤った情報や古い情報を掴んでしまうリスクなどの問題もあります。そうしたコストや手間、リスクなどがあるため、情報入手に費用をかけるのは決して高い投資ではございません。JN Connectではできるだけご相談のしやすい価格でご対応しています。ぜひご利用をご検討ください。

    40ユーロ(30分あたり・税21%別)

    ※ご相談内容の質や量からコンサルティングフィーを都度お見積もりします(スカイプの場合は短い方で30 分、長い方で1.5時間〜2時間で、平均的には1時間程度です)

    ※事前に調査・調整が必要な場合はその分の経費(30分あたり40ユーロ(税21%別))も合わせてご案内いたします。

  • プラン案やお考えの連絡用フォーム

    1週間を過ぎても返信がない場合にはwatanabe@jnconnect.nlにお問い合わせください。

  • 移住・起業に役立つ情報

    ■オランダ政府の公衆衛生・環境当局  Het Rijksinstituut voor Volksgezondheid en Milieu (RIVM)  【ポータルサイト】 https:/...
    フェイスブックのページ(こちら)で「蘭日通商条約はもう効かないと聞いて居ますが、如何でしょうか?」というコメントがありました。一言でまとめれば、日蘭条約の枠組み自体はまだ有効で、日本国籍保有者は...
    長期バケーションの時期など、家を空ける人が多くなる時に特に耳にするのが泥棒の被害です。オランダ国内では1日あたり178件の被害が発生しているとも言われています(出典はこちら)。 オランダの警...
    オランダは予約社会です。日本のようにふらっと立ち寄れば対応してもらえると思ったらそうでもありません。友人宅に行く時にも予約がいるという笑い話もあるほどです。 オランダで確実に予約が必要なとこ...
    オランダのホリデーシーズンに重なると担当する移民弁護士が休みを取るため、相談が進みづらくなったり、移民ケースが動きづらくなったりする事があります。弁護士事務所によっては不在時をカバーする同僚弁護...
    子どもが通うオランダの現地校から保護者に向けた一斉メールが届く。何かと思ったら、「今週末に定年退職をする先生がいるので、水曜日に児童全員、花束を持ってきてね。これはその先生には内緒にしておいて、...
    オランダで賃貸契約を結ぶ時には「契約解除の条件」についてもしっかりと契約書上で確認しておきましょう。何らかの理由で借りた家を今すぐ出たいとしても、契約期間が残っている場合は大家側と金銭的なトラブ...
    オランダでサロンを開きたい、何か輸出入をしたい、B&Bをやりたい、飲食店を開きたいと思ったときに、気がかりなことの一つはそのビジネスをする際の規制などではないでしょうか?オランダ政府が運営する...
    オランダで体調を崩して医者にかかる場合、あらかじめ登録してある家庭医をまずは訪ねることになります。次のMoet ik naar de dokter? というサイトで年齢や症状を選んでいくと、オラ...
    日本の会社から原稿執筆料を受け取る際などに、日蘭租税条約関係の届出が求められる場合があります。日本の税務署に提出する書類の中で「オランダの居住証明」(オランダ語でDe...
    海外生活をする中で困るのは何かトラブルが起こった時です。 特に他人の物を壊してしまったり、怪我をさせてしまったりした場合にはその対応や賠償などにどう対応したらいいのか分からない場合が多いので...
    オランダで不動産を購入する際には買主サイドの不動産屋を代理人として依頼しておくと頼りになります。多少コストはかかりますが、個人だけで行う場合に比べて次のようなメリットがあります。 流れにその...
    Numbeoというインターネット上のサイトを利用することで世界中の都市の物価などを調べることができます。このサイトでは、オランダのアムステルダムやユトレヒト、デン・ハーグ、ロッテルダムといった大...
    日蘭条約では個人事業だけではなく、法人の形態で事業をする場合にも適用を受けることができます。法人化することで一定の売り上げがある場合には節税のメリットが生じてくると言われていますが、反面、法人化...
    家が決まらないと移住手続きが進まないため、多くの方が家探しを一番の関門とお考えになられます。確かにその面はあるのですが、これまでサポートを担当した移民ケースを振り返ると、ほとんど全てのケースでそ...
    「オランダで○○を販売する」「○○を教える」といったことを事業として考える際に是非チェックしておきたいのが、そもそもニーズが現地に存在するか、存在するとすればどの程度の規模かという点です。そうし...
    オランダの移民弁護士事務所に問い合わせて相談を行う場合には、次のようなポイントに配慮しておくとスムーズです。 ご参考にしてみてください。 1)相談目的と現在の状況を伝える 判断材料の提供...
All Posts
×