• Business Must Go On!

     

     

    新型肺炎で揺れる日本、オランダ、そして世界。

    しかし、ビジネスを止めてはいられません。

     

    オランダ/ヨーロッパで商品やサービスの販売先をお探しの方、

    Sales Representativeとしてその企画の実現をサポートします。

     

  • ヨーロッパで売りたいものがある時に

    オランダから始めるメリット

    英語でビジネスができる

    多くのオランダ人が流暢に英語を使いこなすので、日常のビジネスのやりとりの中で現地語(オランダ語)が要求されることはほとんどありません。オランダ人もネイティブではないので、やりとりの中では分かりやすい表現が使われます。他国と異なり、英語でビジネス上の意思疎通ができると言う安心感があるのは非常にメリットです。

    何と言っても地の利がいい

    オランダ単体で見れば市場規模は小さいですが(人口1700万人強)、EU市場という面で見ると人口は5億人です。その巨大市場への玄関口として見ると、オランダはイギリス、フランス、ドイツに隣接する好位置にあります。そのため、多くの日系企業(中小企業から大企業まで)や多国籍企業もオランダを拠点としてヨーロッパや中東などの市場をカバーしています。

    市場の反応がダイレクトに分かる

    オランダの国民性として、倹約家であること、率直にものを言うことがよく指摘されます。ケチで口が悪いと言ってしまえばそれまでですが、別の言い方をすれば「オランダ人の目に叶う」=「価値があると認められる」ことであり、また、良い・悪いの反応がダイレクトに把握できる利点もあります。市場の反応を見ながらヨーロッパで展開をして行こうと考えている時に、オランダはもってこいの環境です。

    Win-Winの話がしやすく新しいことにオープン

    お互いの要求をテーブルの上に載せて、お互いがハッピーになる落とし所を考えていくのがオランダ式です。相手のメリット(ようは儲け)になることを提示すれば、新しい商品やサービスでも前向きに検討してくれる可能性が高い国です。お高くとまると言うところがないので、ヨーロッパで物やサービスを提供する時のパートナー探しが容易です。

  • どうオランダで市場を開拓するか?

    弊社の戦略はコバンザメ!

    1に【観察】

    日本の会社がオランダで初めて展開する時は大企業・中小企業を含めて「弱者」です。このため弊社は弱者ならではのコバンザメ戦法でいきます。強者であるマーケットリーダーが商品やサービスをどこでどう売っているかを調べ、その市場に寄り添っていく方法を考えます。

     

    (調べ方の例)

    ・マーケットリーダーの洗い出し

    ・商品・サービスが店舗やインターネットででどう売られているかの確認

    ・Eコマースのプラットフォーム上での売られ方の確認

    ・オランダ国内の検索キーワードの確認

    ・雑誌媒体での取り上げられ方の確認

    ・オランダでの展示会情報の確認 など

    2に【リスト化】

    マーケットリーダーを細かく見ていくことで自ずとアプローチ先のリストができてきます。このリストができてくると、オランダ市場での展開方法が具体的になります。マーケットリーダーと同じことをするのか、それとも一部に絞って優先的にアプローチしてみるのか、そうしたことを議論しながら決めていきましょう。

     

    アプローチ方法が決まったら、オランダ企業への口説き文の案を作っていきます。日本式にくどくど説明するのではなく、先方のメリットを前面に出して、この機を逃したら損をするというオランダ式のものを作っていきます。

    3でいよいよ【アプローチ】

    メールでアプローチを基本しながら、市場の反応を見ていきます。打診先の食いつきがよければサンプルを持って訪問もします(状況的に可能な場合)。反応がなければ戦法を都度検討して少しずつ変えていきます。

     

    Sales Representativeとしてのサポートは販売先探しが完了したところで一旦終了です。

     

    実際の契約交渉や納品などは御社様とオランダ企業の間で直接行っていただきますが、スムーズに進むよう必要に応じてお手伝いをしていきますのでご安心ください。

  • 私たちについて

    JN Connect

    オランダ商工会議所登録番号/KvK Number:61900400

    事業開始年月:2014年11月

    所在地:オランダ・ロッテルダム

     

    Facebookページ:https://www.facebook.com/hollandnote/

    渡邉 俊幸

    JN Connect代表

    公的機関や一部上場企業、シンクタンク勤務等にて培った10年以上の調査経験やプロジェクト管理経験を生かし、2014年にオランダ・ロッテルダムにてJN Connectを創業。オランダやベルギーの法律事務所、政府機関、会計事務所などと連携体制を構築し、個人や法人顧客に対しコンサルティングやサポートを実施。ポイントを押さえた分かりやすい説明と問題解決に向けた提案力の高さに定評があり、法人・個人を問わずリピートで依頼していただけるお客様も多い。国際基督教大学教養学部、豪州クイーンズランド大学大学院卒。1977年、愛知県生まれ。​

  • 卓越した弊社の情報調査力・コーディネート力

    弊社はもともと日系法人様向けに次のような調査サービスを提供してきました。

    情報力・コーディネート力に自信があります。

    主なリサーチ実績

    ◯オランダ及びヨーロッパの営業先候補のリスト調査

    事業展開にとって重要な基礎となる見込み顧客のリスト存在の有無を調査し、提供可能な会社を紹介

    ◯進出時の在留許可関連の可能性調査

    オランダローカルの進出支援会社では解決できなかった問題に別の解決策を提示

    ◯仏の投資家/起業家向け在留許可を利用した法人進出の可能性調査

    オランダとフランスの起業・投資家向け在留許可証について、オランダ国内及びベルギーの移民弁護士事務所と連携して調査を実施

    ◯日/英同時通訳や通訳用機器・エンジニア手配

    ◯進出希望先及び居住地予定都市に関する安全性などの情報提供 

    ◯商談及び連携先確保の機会となる展示会情報のご提供 

    ◯医療関連の規制に関する調査協力先のリストアップ など

    ご依頼を頂いた法人様

    一部上場企業様を始め、日本以外で展開する日系企業様、在オランダの日経企業様、投資家・起業家の方からもご依頼をいただいております。

     

    ◯日系医療法人の子会社様(アメリカ)

    ◯日系船舶管理会社・コンサルティング会社様(香港・オランダ)

    ◯大手空調冷媒機器メーカー様(オランダ)

    ◯ドローン開発企業様(東京)

    ◯不動産デベロッパー会社様(東京)

    ◯農業産業化コンサルティング会社様(北海道) 

    ◯飲食業での起業家の方(オランダ) など

  • ご依頼の流れ

    1

    お問い合わせ

    オランダ/ヨーロッパ市場で展開したい物やサービスやその規模感などをお伝えください。

    2

    予備調査

    ご対応ができそうかまずは確認し、3営業日以内にメールにてご返信を差し上げます。

    3

    観察スタート・リスト化

    サポートが可能な場合、マーケットリーダーの動きについて観察を行い、リストを作成し、概要や方向性をお伝えします(オンラインの音声通話を想定)。

    4

    ご契約

    コミッション率などについてご契約後に、リスト案の詳細をベースに打ち合わせを行なっていきます。契約書(Agency Agreement)はオランダ法に基づいたたたき台(英語版)をこちらでご用意します。この段階で期間や対象国、コミッション率等も決定していきます。

    5

    アプローチ開始

    オランダの販売先候補へ実際にアプローチをかけていきます。

    6

    販売先候補のご紹介

    販売先候補が見えてきた段階で連絡先をお伝えします。実際の契約には立ち入りませんが、円滑に進むようにアシストします。

  • ご料金の仕組み

    売り上げに対するコミッションのみ

    弊社のこのサービスの料金はコミッション制(15-20%程度)を採用しています。契約期間中の売り上げが発生した時にその一定割合をキックバックいただくもので、売り上げが発生するまでは費用は発生しません。マーケットリーダーの観察・リスト化にかかる調査費用(弊社では10万円以上で提供していたサービズです)も、もちろん無料です。

  • お問い合わせ

    お問い合わせ・ご依頼はこちらのフォームをご利用ください。

すべての投稿
×