Return to site

オランダでの不動産購入につけておきたい買主サイドの不動産屋

オランダで不動産を購入する際には買主サイドの不動産屋を代理人として依頼しておくと頼りになります。多少コストはかかりますが、個人だけで行う場合に比べて次のようなメリットがあります。

流れにそのまま乗ることができる

何をどう進めれば不動産購入の手続きが完了するのかが分かるので、自分で一から学んで対応していくという手間がありません。また、契約書上の問題などについても指摘を受けることができます。

入札価格のアドバイスが受けられる

昨今のオランダは不動産市場は売り手優位であり、多くの場合で希望価格以上の金額を積まないと落札できません。しかし、全ての物件がそうとは限らず、売り出し価格で購入できることもあります。買主サイドの不動産屋に依頼しておくことでマーケットの価格や売主の事情、他の買い手の有無などを踏まえた入札価格のアドバイスを得ることが可能です。

交渉ごとが依頼できる

家の売買契約が済むと所定日までに銀行のローンを組む必要がありますが、およそ50%の場合で何らかの遅れが生じるそうです。そうした際には売買契約契約違反とならないように、売主側から期限の一時延期の合意を得なければいけません。そうした面倒な交渉などを不動産屋に任せることができます。

その他にも不動産鑑定や公証人、住宅ローン斡旋会社などとのネットワークを持っているため、不動産屋を軸にしてスムーズに事が運びます。なお、不動産屋によってはサービスが一部異なる場合がありますので、依頼前にそれぞれ確認してみてください。

※住宅の購入に当たってオランダの住宅ローンを利用する場合、個人事業主は過去3年分の収益を示した書類が求められるのが一般的です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK