Return to site

法人設立についての注意点

日蘭条約では個人事業だけではなく、法人の形態で事業をする場合にも適用を受けることができます。法人化することで一定の売り上げがある場合には節税のメリットが生じてくると言われていますが、反面、法人化した場合の手間などについてもよく考えておく必要があります。

法人設立自体について

オランダの法人(B.V.)の設立自体は公証人を手配し、必要書類を集めたり約款にサインをしていったりすることで比較的容易に設立することができます。法人設立のコストはどこに頼むかという面でピンキリです。名の通った法律会計事務所では高く、ローカル向けにサービスを行なっているところであれば比較的安価という傾向があります。

法人設立後

法人から雇われる形をとることとなりますので、オランダの労働法に基づいた雇用契約書の作成が必要となります。給与を処理するためには、給与税関係の処理のためペイロールのサービスを依頼します。給与を抑える代わりに多額の配当を通じてお金を手にする方法はオランダの場合は制限が設けられています。そうした方法を念頭にしている場合には事前に法律会計事務所とよく相談しておく必要があります。

その他の手続き

法人としてVATの税申告を行う他、法人所得税の申告、年次報告の作成、シェアホルダーミーティングの議事録の作成などの書類上の手続きが出てきます。いずれも会計事務所に委託して進めていくのが一般的です。その他にも様々な細かいルールが法人やディレクターに関して適用されていきますので、専門家の助言を得ながら対応していく方が安全と言えます。

なお、一度設立した法人を清算させようとするときにも専門家の助力が必要になるため、ある程度コストが発生します。法人は何となく作ってしまうと後が大変という代物であるため、日蘭条約を利用して滞在をするときには特に明確な目的がなければ個人事業の方が容易です。

法人化に関するご相談やその他の注意点のご提供などはスカイプ・面会相談で承っております。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK