Return to site

オランダ国内の商品・サービスのニーズを調べる簡単な方法

「オランダで○○を販売する」「○○を教える」といったことを事業として考える際に是非チェックしておきたいのが、そもそもニーズが現地に存在するか、存在するとすればどの程度の規模かという点です。そうしたニーズを掴む一つの方法として現地に来てオランダの街を見たり、人の消費行動を観察して見るのも良い方法かもしれませんが、日本にいながらでもできることがあります。

検索ボリュームを調べる

それは、インターネット上の検索ボリュームを調べる方法です。以下のサイトでは国/言語に対応した検索が無料でできるため、オランダ/オランダ語で調べてみましょう。このサイトの詳しい使い方は、「Ubersuggest 使い方」と検索してもらうと日本語の記事で色々と出てきます。

検索時のコツは動詞を含めること

検索ボリュームから市場の規模を見る上でのコツは、キーワードに動詞を含めることです。例えば「Japanse thee(日本茶)」で検索ボリュームを知るよりも、「Japanse thee kopen(日本茶 買う)」と動詞をつけて検索ボリュームを調べた方が事業を検討していく上で有益な情報となります。検索ボリュームを見て実際のマーケットサイズを推定する方法は、インターネットでよく検索されるマーケットで有効と言われています。皆さんも是非試してみてください。

もし期待した検索ボリュームがない場合

日蘭条約を利用してオランダ国内で事業をする場合、オランダ国内だけで利益を上げる必要はありません。もし期待した検索ボリュームがオランダ国内でない場合、切り口を変えてみる、ヨーロッパの他の国への展開も見据えてビジネスを構築してみる、あるいはもっとニーズが顕在化しているものに商材やサービスを切り替えてみるなど、柔軟に対応していかれると良いかもしれません。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK