•  

    オランダ移住や起業に関して

    しっかりとお考えになられたい方へ

     

  • JN Connectのスカイプ相談

    これから調べ始める人も、ある程度具体化している人にも。

     

    オランダ移住や起業に関する情報は手軽にアクセスできるようになってきました。あえてコンサルティングフィーを払ってまで相談に応じてもらう必要性を感じない方も多いのではないでしょうか?

     

    確かに情報はあふれています。しかし、情報があってもなかなか前に進み出す決定打がないと感じられているのであれば、それは誰かに相談してみるタイミングに差し掛かっているのではないかと思います。なぜなら、一人だけ、あるいはご家族の中だけでも、外部からの視点が入らない状態で情報を集めていると次のような問題に直面してしまう可能性があるからです。

     

    見えない偏りという問題:インターネットで情報を集める時には人は自分が見たいと思っている情報を知らず知らず探していると言われることがあるため、注意をしていても視野が狭くなってしまう。

    方向性の問題:何かしらのゴールに向けて情報を集めていければそれが最短なのですが、方向性を欠いたまま情報を集めていると同じところをぐるぐると回ってしまったり、あるいはゴールと違う方向に進んでしまったりという事態が起こりうる。

    回避できた落とし穴の問題:将来的に困ったこととして顕在化する恐れがあるトラブルの芽が潜んでいることに気づかず、そのまま放置してしまう。

     

    JN Connectではこうした問題を回避するために、今あなたが考えていらっしゃることにプラスαをインプットしていく方式を取っていきます。

     

    プラスαのインプットとは、現状で見逃されている視点や認識に誤りがあるところの指摘誤解されているところの解きほぐし情報が足りていないところへの補足説明十分考えておいた方が良い問題・あまり深刻に捉えなくても良い問題の切り分けなどです。

     

    こうした視点からインプットを受けていただくと、一人で考えていらっしゃる時よりも皆さんのオランダ起業・移住のプランがより現実的になっていくメリットがあります。

  • JN Connectのご相談のメリット

    カバー範囲の広さ

    移民弁護士事務所等の専門機関に相談を持ちかける場合は自ずと相談内容が特定の分野に限られてしまいます。弊社では、移民関係の手続きから起業関係の件、生活関係の件など、幅広くワンストップでご対応できます。

    雑談レベルとは違う相談

    弊社ではご相談者の方のニーズや疑問点などを把握した上で個別に資料を作り、相談時にご提供しています。一定の時間だけ雑談をしてお金をいただく訳ではなく、念入りな準備を行なった上で意思決定に役立つ情報をご提供しています。

    日蘭条約の理解の深さ

    弊社の創業は2014年です。日蘭条約を巡る解釈が大きく動いた2年間(2014-2016年)を経験していることに加え、日蘭条約に関するオランダ国内のキーパーソンとも繋がりがあるため、日蘭条約について分かりやすいご説明が可能です。

  • ご相談までの流れ

    1

    いまのプラン案やお考えをメールで送る

    まずは皆さんが考えていらっしゃるプランや現状などをメールで知らせください(宛先はこちら)。文の完成度などはお気になさらずに、どんなことを考えていらっしゃるかや目的・背景など自由にご連絡ください。ニックネームやペンネームでのお問い合わせも歓迎です。

    2

    インプットの方向性を受け取る(無料)

    いただいたプランに返答する形で、「○○というポイントでインプットができます」という方向性をご連絡いたします(無料)。あくまで方向性であるため、具体的な情報提供ではありません。ご連絡の際にはスカイプ相談を行う場合のお見積もりもお付けします。ご提示した価格で相談を受ける価値がありそうだとご判断いただいた場合は3へお進みください。

    3

    日程調整やお支払いを進める

    スカイプ相談の実施に向けて日程調整やご請求先の確認(オランダの請求書のフォーマットに沿う形でご住所とご請求先をお聞きします。この段階より仮名でのご対応はできません)、スカイプ名の確認などを行なっていきます。また、ご相談当日までにPaypalを通じてお支払いの方もお願いしております。

    4

    実際にスカイプ相談を受ける

    相談の前に個別の資料(A4 2-3ページ程度)を作成し、相談開始の1時間程度前までにはメールにてお送りいたします。その資料にそって相談を実施いたします。なお、資料送付後のキャンセルによるご返金はございません。

  • スカイプ相談のご料金

    自力で情報を調べるには時間的なコストや手間がかかります。また、誤った情報や古い情報を掴んでしまうリスクなどの問題もあります。そうしたコストや手間、リスクなどがあるため、情報入手に費用をかけるのは決して高い投資ではございません。JN Connectではできるだけご相談のしやすい価格でご対応しています。ぜひご利用をご検討ください。

    40ユーロ(30分あたり・税21%別)

    ※ご相談内容の質や量からコンサルティングフィーを都度お見積もりします(スカイプの場合は短い方で30 分、長い方で1.5時間〜2時間で、平均的には1時間程度です)

    ※事前に調査・調整が必要な場合はその分の経費(30分あたり40ユーロ(税21%別))も合わせてご案内いたします。

  • メディア掲載記事

    各種媒体でオランダ移住や起業に関する記事を執筆しています。なお、記事作成時点とは状況や制度が変化していることがありますので、こちらの記事で最新の状況をご確認ください。

    2017.05.18 lifehacker

    ・日蘭条約の機能

    ・開いたパンドラの箱

    ・パンドラの箱を閉じる

    ・残ったもう1つの「素材」とオランダ起業

    米田 智彦氏著

    2017.01.26発売

    Lifehacker[日本版]の編集長・米田氏が日本や海外に移住した33人にインタビューをした本です。この本の中のオランダ・ロッテルダム編で登場しています。

    2016.11.28 COURRiER Japon

    ・途中で事業を変えるのもアリ?

    ・いい意味で放っておいてくれる

    ・業界のキーマンとも繋がりやすい

     

    2016.01.21 lifehacker

    ・起こしたビジネスでどうマネタイズしていくのか?

    ・35歳で留学、そこからオランダ移住を成功させる

    ・40代くらいで移住を検討している人もいる

    ・小学校からオランダ語・英語を学べる

    ・日本人が差別されにくい雰囲気がある

    ・メリットを徹底的に重視するのがオランダの合理性

    ・4日働いて3日休む。ポルダーモデルでの働き方

    2016.01.04 lifehacker

    ・ロッテルダムはどんな都市ですか?

    ・ロッテルダムに住むことになったきっかけは何ですか?

    ・ロッテルダムで気に入っているところはどこですか?

    1.先端的な建築デザイン

    2.生活都市ロッテルダム

    3.人種や宗教の壁を越えようという姿勢

    ・逆にもっとこうだったらと思うところは?

    ・どんな人ならうまくやっていける都市だと思いますか?

    ・川から世界につながる街

    2015.07.18 lifehacker

    ・オランダで忘れ去られていた100年前の条約

    ・起業内容の選択肢の多さ

    ・比較的少額な資本金

    ・家族の同伴が最初から可能

    ・手厚い個人事業主の優遇策

    ・握手から始めよう

    2015.06.13 lifehacker

    ・オランダの産業と経済

    ・「語学」と「オランダでの職歴」がハードルとなることも

    ・オランダで仕事を得るための5つのコツ

    1. "Be Proactive"(状況を動かそう)

    2. "Networking, Networking, Networking"(とにかくネットワークづくりが重要)

    3. "Straight To The Point"(要点は簡潔に)

    4. "Be Confident"(謙遜は誤解のもと)

    5. "Keep Your Options Open"(選択肢は広く)

     

    2015.05.29 lifehacker

    ・日本にいるとわかりにくい「オランダ移住」についてのイメージ

    ・英語で意思疎通ができる国

    ・個人の意見が尊重される文化

    ・新鮮な魚や野菜・豊富な乳製品

    ・他国への容易なアクセス

    ・厳しい冬でも、環境は快適

    ・恵まれた子育て環境

    ・「労働許可不要」でさらに魅力が増したオランダ

     

  • JN Connect編集・オランダ情報

    すべての投稿
    ×